塾講師の役割

塾講師は生徒に教える立場になるため、教員免許が必要かと考えてしまいますが、正社員として目指す場合大学卒業が必須条件になっていることである事が多く、教員免許は有利になる程度のモノにしかなりません。そのような塾講師の役割とはどの様なものなのでしょうか。

塾に通う生徒たちは、成績向上や受験対策として活用します。しかし、ただ勉強を教えれば生徒たちは水を吸収するスポンジのようにすべてを吸収できるわけではありません。生徒も人間であるからこそ、モチベーションをもって学習するのでなければ身につけることは難しいため、一人ひとりに合った指導を行う必要があります。

そのため、塾によっては授業形態であったり、システムとして担任制を採用していたりと様々な特色をもっています。それは、学校のような集団授業であったり、生徒2人ないし1人に対し講師1人が付き指導する個別授業であります。それぞれにより、指導方法は変わってくるため、塾講師として自身にあった指導を行う塾を選ぶことが大切です。

しかし、どちらの方針の塾であっても学習意欲の向上や受験に対する士気向上は大切なものとなります。それは、学習指導以上に塾講師とのコミュニケーションや、人生の先輩として自身の経験を語るなどを通じ生徒の学習意欲を導き出す役割もありとても重要なことです。