塾講師の仕事内容

生徒たちは、おおよそ2つの目的の内のどちらか、もしくはその両方を目的に塾に通っています。1つは大学や高校、中学の受験を突破し合格するためのノウハウを含む受験対策や学習指導です。もう一つとしては、普段の授業内容を予習復習し定期テストにおいてしっかり点数を取るための指導を行う事が塾講師の大きな仕事といっても過言ではありません。

受験合格できるのならば普段のテストの点は問題ないのではないかと考える方もいることでしょう。しかし、受験において定期テストなどにおける内申点は重要なものです。試験を行い同じ点数の者がいるのならば内申点が考慮されるためです。そのような面も含め生徒たちは定期テストや受験合格に向け意識改革を行います。

いくら塾に通っても、学習をするモチベーションがないのならば、その効果は半減どころか意味自体も怪しいものになってしまいます。そのため、塾講師として自身の経験を語ったり、コミュニケーションを学習面以外で取ることにより生徒の気持ちを引出すことで、生徒の意識を向上させることも大事な仕事となります。なぜならば、それにより生徒たちの授業の効率も大きく変わってくることも珍しくない話です。

また、受験においても学習指導以外でもコミュニケーションを大切にすることで、生徒の受験に対する士気を高める効果があり、塾講師にとって大変重要な仕事でもあります。